2010年03月29日

星が盛んに生まれる銀河=初期宇宙の解明期待−国際チーム(時事通信)

 地球から約100億光年も離れた銀河では、地球がある天の川銀河(銀河系)より約100倍も速いペースで、新たな恒星が次々に生み出されている可能性が高いことが分かった。英ダラム大などの国際研究チームが、最先端の望遠鏡で観測に成功し、英科学誌ネイチャー電子版に22日発表した。
 宇宙は137億年前にビッグバンで誕生したと考えられており、観測成果は初期の宇宙の形成過程を探るのに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
すばる後継や古典基盤整備を=大型研究計画43件提言
「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機

雑記帳 松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ−農業基本計画(時事通信)
埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
posted by x1famoipva at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。