2010年01月13日

北海道と日本海側、大荒れ続く=低気圧停滞、交通に影響−気象庁(時事通信)

 日本列島は6日、発達中の低気圧が北海道の南海上にある影響で冬型の気圧配置が強まり、北海道や、中国地方から東北の日本海側で、所により強風や降雪が続いた。気象庁は7日も海は大しけとなり、大雪の恐れがあるとして、高波や雪崩、交通への影響に警戒を呼び掛けた。
 JRは、東北線や羽越線などで運休や遅れが生じ、一部夜行列車の運休も決まった。航空は、釧路空港発着便で遅れがあった。
 低気圧は、6日夜に根室の南東海上に進み、停滞する見込み。7日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北海道のオホーツク海側が80センチ、北海道の太平洋側、東北の日本海側、北陸が50センチ、長野、岐阜、群馬各県と山陰、近畿北部が40センチ。北海道と東北では波の高さが6〜7メートルの大しけとなる。 

【関連ニュース】
年末年始の交通・冬山情報〜東名、九州道で45キロ渋滞も〜
北・東日本は大荒れに=年末年始の天気予報
20日も日本海側は大雪=峠越えたが注意を
日本海側中心に大雪警戒を=鉄道や航空に影響

しげるのブログ
携帯業界のお勉強
競馬情報
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化 比較
posted by x1famoipva at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サリドマイド個人輸入量が半減(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月7日、サリドマイドの昨年度の個人輸入数量が26万2882錠(カプセル)で、前年度の49万8892錠の半分程度に減少したことを明らかにした。サリドマイドは、藤本製薬(本社=大阪府松原市)が多発性骨髄腫治療薬として一昨年10月に承認を取得し、昨年2月から販売を開始しており、同省の担当者も「サリドマイドの承認が一つの大きな要因になった」と指摘している。

 サリドマイドはかつて、催眠鎮静剤などとして販売されていたが、つわり止めとして服用した妊婦の胎児に重い障害が生じるなどの薬害事件を引き起こし、1962年に販売が中止された。しかし、90年代に海外で多発性骨髄腫への治療効果が報告され、米国、オーストラリアなどでは厳格な安全管理の下での使用を条件に承認されており、国内でも藤本製薬が多発性骨髄腫治療薬として昨年から販売を開始していた。
 同省は承認に当たって厳しい条件を付けており、同社のサリドマイドによる治療は原則として、「日本血液学会研修施設」の「日本血液学会認定血液専門医あるいはその指導を受けられる医師」に限定されている。また、処方医師や患者などは、同社の「TERMS(サリドマイドの教育と安全使用に関する管理システム)」への登録が義務付けられている。

 サリドマイドの個人輸入数量は2001年度に15万6600錠だったが、02年度は44万454錠と急増。06年度には59万590錠に達したが、07年度は49万8892錠に減少し、昨年度はさらに半減した。
 同省の担当者は「国内で販売されているのは100ミリグラム製剤のみで、それ以外の剤形のニーズもあるので、今後も個人輸入がゼロになることはないだろう」と話している。


【関連記事】
サリドマイド誤投与で注意喚起−厚労省
サリドマイド製剤、年明けにも販売
サリドマイド教訓に、患者とオープンな議論を―血液学会池田理事長
薬害の再発を防止できるか <上>
薬害の再発を防止できるか <下>

花のある生活
f2242y8bのブログ
債務整理無料相談
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料携帯ホームページ
posted by x1famoipva at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武器輸出三原則、見直しを=北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は12日午後、都内の会合であいさつし、海外への武器輸出を禁じた政府の武器輸出三原則に関し「わが国とすれば、そろそろこういうものについても、基本的な考え方を見直すことがあってしかるべきだ。しっかり鳩山内閣の中で議論しながら考えていきたい」と述べ、緩和を検討すべきだとの認識を明らかにした。
 年末に予定される新たな防衛計画大綱や次期中期防衛力整備計画(中期防)の取りまとめの中で、検討課題となる見通し。ただ、党内には見直しに慎重な声もある上、連立を組む社民党の反発も予想される。 

ラーメン博士
秘湯を求めて
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
posted by x1famoipva at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。